スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2017年2月2日の相場観


昨日の傾向はレンジ。
前日深夜のFOMC結果と、翌日の米指標への警戒が入り混じった相場。

朝方に戻しが発生したが、日経時間から下落を再開。
夜間には前回の安値を更新する通貨も見られる円高となったが、
米雇用統計が念頭にある事がブレーキとなった模様。
24時以降は徐々に反転の値動きとなっており、
今日の指標結果次第で上下どちらにも爆発し得る展開。
水曜日のADP雇用統計が予想を上回っているだけに、この数値も改善する可能性は高いだろう。
どの様な為替推移になったとしても、トレードルールの順守を徹底したい所。



にほんブログ村 為替ブログへ

[ 2017/02/03 17:30 ] 相場観 | TB(0) | CM(0)

2017年2月1日のトレード


1日のトレード日記。

底からの反発を狙った形。


2017/02/01 GBP/JPY


トレンド発生を察知した13時にエントリー。
指標期待と戻しの力を背景に上値を伸ばしたが、FOMCの結果を境に失速。
上昇力が萎えた5時に決済。
スプレッドを除き、96PIPの利益を確定。

条件に一致したポンド円にエントリー。
FOMCの政策期待に加え、
英国議会でEU離脱法案が賛成多数で可決された事が大きかったと思われる。
もう一段伸びて欲しかった所。



にほんブログ村 為替ブログへ

[ 2017/02/02 14:59 ] トレード日記 | TB(0) | CM(0)

2017年2月1日の相場観


昨日の傾向はレンジ。
FOMCの政策に対する警戒等から伸び辛い状況となっていた。

朝方から戻し相場が発生し、
夜間に発表された米指標が良結果となった事で上昇基調となる。
一時は100PIP以上の好調振りを見せたものの、
深夜のFOMC結果にサプライズが無かった事で失速。
明確な上昇要因に欠けた為に利益確定・ポジション調整の流れとなった。

米国新政権に対する不信感は未だ根強い。
要人の発言一つ一つに対する反応は鈍くなっているものの、今の所は一貫性が無い。
トレードルールを順守して、あらゆるパターンに対応して行きたい所。



にほんブログ村 為替ブログへ

[ 2017/02/02 13:37 ] 相場観 | TB(0) | CM(0)

2017年1月31日の相場観


昨日の傾向はレンジ。
上昇に振れる局面は何度かあったが、夕方以降に失速した。

米国の司法長官解任や、ユーロ等の通貨レートに対する言及が理由と考えられる。
相変わらず、米国新政権に対するリスクに影響される相場動向。
当面は神経質な値動きに悩まされる可能性があるので、トレードの際は十分な警戒が必要となる。
トレードルールを順守し、確実な行動を心がけたい所。



にほんブログ村 為替ブログへ

[ 2017/02/01 13:49 ] 相場観 | TB(0) | CM(0)

2017年1月30日の相場観


昨日の傾向は円高。
欧州通貨を軸にリスク回避の下げ基調となった。

日米の中央銀行政策を警戒した形。
それに加えて、米国の保護主義政策に対する懸念が後押ししたと思われる。
今年は米国大統領の行動に一喜一憂する展開が続いているが、
短期的な値動きに惑わされない事が大切だろう。
いずれ相場の流れは収束する事を念頭に置いてトレードを続けたい所。



にほんブログ村 為替ブログへ

[ 2017/01/31 13:26 ] 相場観 | TB(0) | CM(0)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。