スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2016年12月5週の為替推移


先週の為替推移を分析。


通貨ペア 今週始値 今週終値 変化率
AUD/JPY 84.044 84.298 △0.3%
CAD/JPY 86.646
86.966
△0.3%
EUR/JPY 122.519
123.036
△0.4%
GBP/JPY 143.857
144.127
△0.1%
USD/JPY 117.283
116.956
▼0.3%



上記は主要通貨の始値と終値、その変化率。
先週はレンジ傾向。
12月半ばからの円高に歯止めが掛かった形。

流動性低下する年末の値動きに加え、この2か月のトランプ相場の手仕舞い感があった1週。
上手い具合に調整された感があり、来年は上下どちらにも動き易いのではないか。
今月の戦略としては、あらゆる展開のストーリーを考える必要がある。
一連の円安が新大統領就任を切っ掛けに反落する可能性もあれば、更なる上値を追うパターンも有り得るだろう。
トレードルールを再確認し、チャンスを逃さずに波に乗って行きたい所。



にほんブログ村 為替ブログへ

[ 2017/01/02 12:22 ] 為替 | TB(0) | CM(0)

2016年12月4週の為替推移


今週の為替推移を分析。


通貨ペア 今週始値 今週終値 変化率
AUD/JPY 85.903 84.136 ▼2.1%
CAD/JPY 88.387
86.564
▼2.1%
EUR/JPY 123.140
122.567
▼0.5%
GBP/JPY 147.225
144.079
▼2.2%
USD/JPY 117.936
117.253
▼0.6%



上記は主要通貨の始値と終値、その変化率。
今週は円高傾向。
資源国を中心に下落している。

日銀金融政策決定会合に反応したのは当日のみで、以後は調整基調を継続。
特にオセアニア通貨は、トランプ相場の上昇幅を半分程戻した形。
ここまで来るとトレンドの終焉は確定的で、下降に転換するかに注目が集まる。

今年最後の週となる来週は、高確率で荒れ相場となる。
相場の流動性が低下しているこの隙に、一気に売りが仕掛けられる可能性もある。
トレードルールの順守を徹底し、次のチャンスを見逃さない様に集中して行きたい所。



にほんブログ村 為替ブログへ

[ 2016/12/25 13:59 ] 為替 | TB(0) | CM(0)

2016年12月3週の為替推移


今週の為替推移を分析。


通貨ペア 今週始値 今週終値 変化率
AUD/JPY 85.927 86.077 △0.1%
CAD/JPY 87.774
88.412
△0.7%
EUR/JPY 121.551
123.277
△1.4%
GBP/JPY 145.119
147.220
△1.4%
USD/JPY 115.408
117.960
△2.2%



上記は主要通貨の始値と終値、その変化率。
今週はレンジ傾向。
米ドル・欧州通貨が堅調となっている。

FOMCの利上げ、翌年以降のスケジュールによって円安が進行。
米ドルや、先週からの反転となったユーロ・ポンドは高い伸びとなった。
一方のオセアニア通貨等の資源国は、今までの調整が働いたのか停滞気味に。

今週半ばに上値を伸ばす結果となったが、週末は調整相場に落ち着いている。
来週にはクリスマス・その翌週は年末休みと薄商いになる事に加え、
日銀金融政策決定会合が控えている事が理由だろうか。
荒れ易い年末とあって注意が必要だが、最後のトレードチャンスがあってもおかしくはないだろう。
トレードルールの順守・徹底を心がけ、狙えるチャンスは確実に掴んで行きたい所。



にほんブログ村 為替ブログへ

[ 2016/12/18 15:13 ] 為替 | TB(0) | CM(0)

2016年12月2週の為替推移


今週の為替推移を分析。


通貨ペア 今週始値 今週終値 変化率
AUD/JPY 84.411 85.888 △1.7%
CAD/JPY 85.186
87.477
△2.6%
EUR/JPY 120.824
121.700
△0.7%
GBP/JPY 143.568
144.947
△0.9%
USD/JPY 113.205
115.281
△1.8%



上記は主要通貨の始値と終値、その変化率。
今週も円安傾向。
欧州以外の通貨が底堅く推移している。

週明けはイタリアの国民投票の影響で、下落に振れる局面があった。
しかし、直ぐに持ち直しの展開となってその後はレンジとなる。
波乱があったのは木曜日で、
ECBの政策決定や総裁会見により欧州以外の通貨がリスク選好される形となっている。

いよいよ来週に迫ったFOMC。
これまでの流れで今月の利上げは確定的であり、
週末の上昇推移は直前の期待上げと思われる。
大統領選以降の円安が継続するか折れるかの一大イベントであり、
会合前後の値動きを注視する必要があるだろう。
いずれにせよ、トレードルールの順守・徹底を心がけて相場に臨みたい所。



にほんブログ村 為替ブログへ

[ 2016/12/11 12:48 ] 為替 | TB(0) | CM(0)

2016年11月5週の為替推移


今週の為替推移を分析。


通貨ペア 今週始値 今週終値 変化率
AUD/JPY 83.899 84.635 △0.8%
CAD/JPY 83.524
85.393
△2.2%
EUR/JPY 119.690
121.111
△1.1%
GBP/JPY 140.584
144.468
△2.7%
USD/JPY 112.809
113.515
△0.6%



上記は主要通貨の始値と終値、その変化率。
今週も円安傾向。
資源国が底堅く推移している模様。

米国感謝祭のポジション調整が発生したのは、週明けの月曜日のみ。
以後は米国雇用統計等に焦点が当てられ、結果を好感しての上昇推移となっている。
また金曜日の指標も予想を下回りはしたが、失業率では改善が見られた。
これらを纏めると、12月利上げの可能性にネガティブな結果にはなっていないと思われる。
週末に上手い具合に下押しされた事で、来週の一段の上昇も十分に考えられるだろう。
トレードルールの順守を徹底し、あらゆるパターンに対応したい所。



にほんブログ村 為替ブログへ

[ 2016/12/04 15:20 ] 為替 | TB(0) | CM(0)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。