スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2016年11月3週の為替推移


今週の為替推移を分析。


通貨ペア 今週始値 今週終値 変化率
AUD/JPY 80.624 81.370 △0.9%
CAD/JPY 79.099
82.096
△3.7%
EUR/JPY 115.751
117.418
△1.4%
GBP/JPY 134.307
136.981
△1.9%
USD/JPY 106.835
110.891
△3.7%



上記は主要通貨の始値と終値、その変化率。
今週は明らかな円安傾向。
米ドルが上昇基調を牽引している。

大統領選後の急速な円安が継続した。
オセアニア通貨は衰えて来た印象だが、その他は相変わらず力強い。
物価指数以外の米指標が概ね好調だった事や、FRB議長発言等が材料視されたと思われる。

2周続けて、それも恐るべき勢いで上昇トレンドとなった。
通常ならば戻しが来てもおかしくはないが、今の所は大陰線が発生する気配が無い。
大口の機関の介入すら想定出来る状況であり、この過熱は次回のFOMCまで継続するかも知れない。
このまま息を切らさずに走り続けるのか、それともインターバルを挟むのか。
どの様なパターンになるにせよ、トレードルールの順守・徹底を忘れてはならないだろう。



にほんブログ村 為替ブログへ

関連記事
[ 2016/11/20 13:48 ] 為替 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yagakyofx.blog.fc2.com/tb.php/912-440fe043






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。