スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

11/8の相場観


昨日の傾向は円安。
米大統領選に絡んだ期待買いが続いていた。

投票日を迎え、為替相場が一層荒くなっていた模様。
円安要因となる候補者が優勢であるとの見方が強まり、市場は上昇基調を展開した。
このまま行けばトレンドは盤石と思われる勢いとなったが、
いざ開票して見ると流れは一転する。
当初こそ予想していた候補が選挙人を獲得していたが、その後は対立候補が大躍進を続ける。
劣勢と思われていた候補者を止める事が出来ず、為替は円高に転落する結果に。
ドル円では一時100円台に迫り、前回のポンドショックを思わせる値動きとなった。

現在は日本政府の金融対策の会合や、行き過ぎた円高の調整が働いている。
相場は下降トレンドに転換した様に見え、エントリーしたい欲求にかられるが焦りは禁物だろう。
英国国民投票の時も安値圏から値を戻し、離脱前の水準に近付く底堅さを示した。
そうなると、良く似た形である今回も油断は出来ない。
取り敢えず今日一日の為替をしっかり吟味し、長ヒゲを形成する様なら警戒が必要になる。



にほんブログ村 為替ブログへ

関連記事
[ 2016/11/09 17:27 ] 相場観 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yagakyofx.blog.fc2.com/tb.php/898-177928c1






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。