スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2016年9月5週の為替推移


今週の為替推移を分析。


通貨ペア 今週始値 今週終値 変化率
AUD/JPY 76.901 77.642 △0.9%
CAD/JPY 76.666
77.270
△0.7%
EUR/JPY 113.404
113.972
△0.5%
GBP/JPY 130.935
131.494
△0.4%
USD/JPY 100.996
101.399
△0.3%



上記は主要通貨の始値と終値、その変化率。
今週もレンジ傾向。
日銀の緩和策と米国の利上げ延期の影響を吟味する一週間となった。

マイナス金利深堀りに言及する発言等で、下落して始まった今週。
ドル円で100円割れに近付く局面があったものの、
週半ばから後半は持ち直しの動きとなった。

また、戻しの最中にドイツ銀行に関する不安から再下落となる展開もあった。
一報によると、仮に銀行が倒れた場合リーマンショックを上回る規模になるとも言われる。
現段階では確実性に欠けるテーマだったので売りが長引く事は無かったが、
気に留めて置くべき話だろう。

曖昧な相場を形作っている現状、売買どちらにも寄り切っていない事は確か。
どちらに振れても即座に対応出来る様に、準備を欠かしてはならない。



にほんブログ村 為替ブログへ

関連記事
[ 2016/10/02 13:36 ] 為替 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yagakyofx.blog.fc2.com/tb.php/866-016437e0






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。