スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2016年9月3週の為替推移


今週の為替推移を分析。


通貨ペア 今週始値 今週終値 変化率
AUD/JPY 77.327 76.614 ▼1.0%
CAD/JPY 78.613
77.357
▼1.6%
EUR/JPY 115.208
114.069
▼1.0%
GBP/JPY 136.068
132.966
▼2.3%
USD/JPY 102.518
102.258
▼0.3%



上記は主要通貨の始値と終値、その変化率。
今週は全体的にレンジ。
翌週に予定される重要イベントを警戒しての推移となった。

概ね横ばい傾向だったが、ポンドはやや下落している。
木曜日の中銀政策が現状維持だった事に対する失望売りだと思われる。
これに連動してユーロも軟調となった。

全ては来週の日銀金融政策決定会合、FOMCの結果次第。
マイナス金利拡大や、早期利上げが決定されればトレンドが一気に反転する可能性がある。
しかし、現状を見れば日米両国の中銀が腰を上げる展開は予想し難い。
日銀はETFの増額が関の山だったし、FRBとしても8月の指標結果から強気に出る事は困難だろう。
ウルトラCに警戒しつつも、より確実な下降トレンド進行に焦点を合わせたい所。



にほんブログ村 為替ブログへ

関連記事
[ 2016/09/18 13:53 ] 為替 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yagakyofx.blog.fc2.com/tb.php/853-4aa63bb4






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。