スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

7/27の相場観


昨日は円安推移。
FOMCや日本の経済政策への期待により、午前中から値を上げた形。

日足ベースでは上昇で終わっているが、中身を見ると尻すぼみ感もある。
噂されていた50年国債については否定された上、
内閣改造に伴う新政策の一環に過ぎないと考えればサプライズ要素は少ない。

更に、注目されたFOMCも現状維持に終わった。
FRBは雇用・家計支出の改善を指摘し、
FOMC声明でも経済見通しのリスク後退の認識が示されている。
しかし、利上げの要件であるインフレ率については相変わらずとし、
次回9月に実行される可能性は低い。
エコノミストらによると、12月の利上げが最も現実的と予想されている。

以上を踏まえると、経済はやや持ち直しつつあるが年内利上げは1回のみとなる。
今回の会議に市場が過剰反応するレベルの効果は無く、
日銀政策決定会合の結果を待つ事になるだろう。

現時点でも米ドルを除いて停滞しており、
昨日の円安が継続するとは考え辛い。
逆に連日の下落が調整されたと考え、トレードチャンスを見逃さない様に注視して行きたい。



にほんブログ村 為替ブログへ

関連記事
[ 2016/07/28 12:28 ] 相場観 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yagakyofx.blog.fc2.com/tb.php/802-4312a1ae






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。