スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2016年5月4週の為替推移


今週の為替推移を分析。


通貨ペア 今週始値 今週終値 変化率
AUD/JPY 79.584 79.291 ▼0.4%
CAD/JPY 83.961
84.651
△0.8%
EUR/JPY 123.539
122.589
▼0.8%
GBP/JPY 159.664
161.168
△0.9%
USD/JPY 110.128
110.320
△0.1%



上記は主要通貨の始値と終値、その変化率。
今週は典型的なレンジとなった。

値幅からポンドが伸びている様に見えるが、率で考えるとそれ程でもない。
高値を更新した事は評価出来るが、3月の戻り時に発生したレジスタンスに弾かれている。
このラインを抜く事で、国民投票の結果次第だが躍進する可能性が高くなるだろう。

金曜日深夜のFRB議長発言で取り上げるべきは、
「今後数か月以内の利上げは適切かもしれない」の部分。
ここからは、数か月以内に利上げをする可能性があると読み取れる。

6月利上げの旨の発言からトーンダウンしているとも考えられるが、
サプライズを効果を狙っているとも推測出来るだろう。
引き続き、雇用統計やインフレ率には十分注意する必要がある。



にほんブログ村 為替ブログへ

関連記事
[ 2016/05/28 13:06 ] 為替 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yagakyofx.blog.fc2.com/tb.php/727-62b874e9






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。