スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

5/19の相場観


今日はレンジ推移。
概ねの通貨が行って来いの展開となり、
タカ派的なFOMC議事要旨の内容が特段に意識された感覚は無い。

18日深夜に発表された議事要旨によれば、
インフレ率と雇用が上向きになれば6月の利上げが可能だと言う。
それを受けてか、3時以降の為替はドル買いが進行している。

EU離脱関連で例外的な動きとなったポンドを除けば、今の所上昇基調を主導しているのは米ドルのみ。
全体的な円安傾向になるには、ドルの確実な上昇が必要不可欠だが果たしてどうなるか。

現状のドルを視野を広げて見れば、多少円高に振れてはいるが昨日の伸びを維持している。
今は他通貨からドルへ金が流れているが、円安ドル高が進めばやがて買い戻されて行くだろう。
その為には、来月の雇用統計や物価指数の結果が重要な事は明らかだ。



にほんブログ村 為替ブログへ

関連記事
[ 2016/05/19 23:43 ] 相場観 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yagakyofx.blog.fc2.com/tb.php/719-2a63ef22






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。