スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2017年1月5週の為替推移


先週の為替推移を分析。


通貨ペア 今週始値 今週終値 変化率
AUD/JPY 86.739 86.424 ▼0.4%
CAD/JPY 87.285
86.376
▼1.1%
EUR/JPY 122.989
121.421
▼1.3%
GBP/JPY 144.373
140.534
▼2.7%
USD/JPY 114.736
112.609
▼1.9%



上記は主要通貨の始値と終値、その変化率。
先週はレンジ傾向。
米ドルを中心に軟調相場となったが、下落幅は狭い。

日米の中央銀行政策や、週末の米指標と重要イベントが集中した週。
政策的には真新しい所は無かったが、指標の結果は良好となった。
しかし上振れしてもおかしくない内容にも関わらず、
為替は横ばい傾向のままとなっている。

原因として考えられるのは米国に対する不安が最も大きい。
特に米大統領が為替水準について言及した事が伸び悩んでいる理由だろうか。
上昇傾向になる度に、
牽制気味の発言をする事でトレンド発生を抑える事に成功している模様。
今年より顕著となった米国リスクと、相場全体の大きな流れ。
これらがぶつかり合う事で揉み合いとなっている現状だが、やがて拮抗は終了する。
そのタイミングを見逃さない様にトレードルールの順守・徹底を心がけて行きたい所。



にほんブログ村 為替ブログへ

関連記事
[ 2017/02/06 19:20 ] 為替 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yagakyofx.blog.fc2.com/tb.php/1003-045fddd6






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。