スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

9/29の相場観


昨日の傾向はレンジ。
深夜までは好調振りを発揮したが、24時前後からの下落で上昇幅を圧縮した。

水曜日の米国市場の伸びを背景に円安スタートなったが、昨日は逆に米時間に失速した。
中期的に見て円高サイクルは脱しつつあるものの、円安へと転じる気配は未だ薄い。
再下落の可能性も視野にいれつつ、トレンド転換も考慮して分析を続けて行きたい所。



にほんブログ村 為替ブログへ

スポンサーサイト
[ 2016/09/30 14:11 ] 相場観 | TB(0) | CM(0)

9/28の相場観


昨日の傾向はレンジ。
24時頃までは長い停滞基調だったが、深夜以降は値を戻して行った。

午前は上昇、夕方からは下落と狭い範囲での行って来いとなった一日。
流れに変化が生じたのは深夜3時の上昇だろう。
原油高を背景に、米国市場が堅調となった事が理由か。
その影響を受けてか産油国も連れ高となって推移している。

米国の9月利上げムード後退から始まった下降トレンドだが、徐々に収束する気配を見せている。
日銀の新緩和策や、FOMC委員の強気とも受け取れる発言を好感したのかも知れない。
トレンド転換も視野に入れつつ、トレードルールに従った確実な行動を心がけたい所。



にほんブログ村 為替ブログへ

[ 2016/09/29 14:11 ] 相場観 | TB(0) | CM(0)

9/27の相場観


昨日の傾向はレンジ。
10時頃から上昇を開始し、一時100PIPに迫る勢いとなったが日経終了と共に失速した。

100円台を何とか保っているドル。
ここが一つの防衛ラインと思われているのか、長短期金利操作に絡んだ円高も長続きしてはいない状況。
一連の重要イベントを通過した事から、今週中にも動きがあると予測するがどうなるだろうか。
フェイクに嵌る可能性はあるが、トレードルールに従ってチャンスを掴みたい所。



にほんブログ村 為替ブログへ

[ 2016/09/28 13:43 ] 相場観 | TB(0) | CM(0)

9/26の相場観


昨日の傾向は円高。
日銀総裁の発言がネガティブに捉えられたか。

週末の影響を受け易い月曜日だが、オープンから昼頃までは行って来いの形に。
情勢が変わったのは日銀総裁発言が始まった14時以降。
黒田総裁が追加緩和の中心手段を、
マイナス金利の深堀りと長期金利下げと説明した事が影響した。
前回会合で決定した長短期金利操作のイールドカーブコントロールの効果を見極めるまでは、
円安には振れ難いのかも知れない。
今の所は再び上昇をし始めたものの、単なる調整戻しの可能性も捨て切れない状況。
トレードルールに従い、確実な行動を心がけるしかないだろう。



にほんブログ村 為替ブログへ

[ 2016/09/27 13:05 ] 相場観 | TB(0) | CM(0)

2016年9月4週の為替推移


今週の為替推移を分析。


通貨ペア 今週始値 今週終値 変化率
AUD/JPY 76.510 76.990 △0.6%
CAD/JPY 77.334
76.710
▼0.9%
EUR/JPY 113.988
113.441
▼0.5%
GBP/JPY 132.930
131.028
▼1.5%
USD/JPY 102.221
101.012
▼1.2%



上記は主要通貨の始値と終値、その変化率。
今週もレンジ傾向。
日銀の緩和策と米国の利上げ延期がプラスマイナスを打ち消し合っている模様。

今月最大級の注目イベントだった、日銀金融政策決定会合とFOMC。
日銀は長短金利操作付き量的・質的金融緩和を導入し、
FOMCは指標を反映しての現状維持を選択。
投機筋に左右され易い発表当日こそ不安定な動きとなったが、
翌日以降は持ち直しの動きが見られる。

今回の決定を市場はどの様に捉えているのか。
米国の方は予想通りと言って良いが、問題は日銀の新緩和策の評価だろう。
詳しい内容は割愛するが、
要はマイナス金利による悪影響の穴埋めと株の買い増し及び当面の緩和の継続となっている。
これを上昇要因に考える事は出来るが、マイナス金利が失策だったとも受け取れる。
更に具体的な期間を定めなかった事で、物価達成の道筋が不透明だと認めているのではないか。
円安・円高両方の可能性があり、相場動向から目が離せない状況は続いて行く。



にほんブログ村 為替ブログへ

[ 2016/09/25 15:48 ] 為替 | TB(0) | CM(0)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。