スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ユーロの量的緩和


今更感がありますが、ブログの更新が停滞していた間に為替情勢が変化したので追加して置きます。

2015年1月、ECBが量的緩和実施を決定しました。
それによりユーロ安が進行し、
アベノミクスと共に堅調に推移していたユーロ円の伸びに影を落とす事になりました。

更に量的緩和は上昇・下落比率に変化させるだけでなく、少々厄介な副次的な効果を伴います。
その影響が顕著に表れたのは去年8月、現在タイムリーなネタとなっている中国の信用不安による円高です。
通常こういったリスクが浮上した場合、退避先として円が選ばれます。
ですが、去年のパターンでは他のクロス円に比べてユーロ円の上げ幅が余りにも緩やかな結果に。
一体何故なのか。

スポンサーサイト
[ 2016/01/13 17:48 ] 通貨情報 | TB(0) | CM(0)

2015年トレード結果


2015年の全てのトレード結果です。

[ 2016/01/04 11:25 ] トレード記録 | TB(0) | CM(0)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。