スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2017年1月5週の為替推移


先週の為替推移を分析。


通貨ペア 今週始値 今週終値 変化率
AUD/JPY 86.739 86.424 ▼0.4%
CAD/JPY 87.285
86.376
▼1.1%
EUR/JPY 122.989
121.421
▼1.3%
GBP/JPY 144.373
140.534
▼2.7%
USD/JPY 114.736
112.609
▼1.9%



上記は主要通貨の始値と終値、その変化率。
先週はレンジ傾向。
米ドルを中心に軟調相場となったが、下落幅は狭い。

日米の中央銀行政策や、週末の米指標と重要イベントが集中した週。
政策的には真新しい所は無かったが、指標の結果は良好となった。
しかし上振れしてもおかしくない内容にも関わらず、
為替は横ばい傾向のままとなっている。

原因として考えられるのは米国に対する不安が最も大きい。
特に米大統領が為替水準について言及した事が伸び悩んでいる理由だろうか。
上昇傾向になる度に、
牽制気味の発言をする事でトレンド発生を抑える事に成功している模様。
今年より顕著となった米国リスクと、相場全体の大きな流れ。
これらがぶつかり合う事で揉み合いとなっている現状だが、やがて拮抗は終了する。
そのタイミングを見逃さない様にトレードルールの順守・徹底を心がけて行きたい所。



にほんブログ村 為替ブログへ

スポンサーサイト
[ 2017/02/06 19:20 ] 為替 | TB(0) | CM(0)

2017年1月4週の為替推移


先週の為替推移を分析。


通貨ペア 今週始値 今週終値 変化率
AUD/JPY 86.317 86.844 △0.6%
CAD/JPY 85.709
87.517
△2.1%
EUR/JPY 122.279
123.104
△0.6%
GBP/JPY 141.398
144.380
△2.1%
USD/JPY 114.223
115.069
△0.7%



上記は主要通貨の始値と終値、その変化率。
先週はレンジ傾向。
沈んでいたカナダドルや、好調なポンドがもう一段値を伸ばした形。

週明けの月曜日こそ下落したが、その後は反転傾向。
米新大統領の経済政策に対する不安から、
トランプ相場の手仕舞い感が生じていたが現在の所は一服している。
また、英国のブレクジット関連のイベントを消化した事も大きいのかも知れない。

来週以降も日銀金融政策決定会合やFOMC等の重要な指標が控えている。
上方に傾きつつあるが、未だ盤石とは言えないトレンドなので油断は禁物だろう。
トレードルールを順守して、あらゆるパターンに対応出来る様に準備して行きたい所。



にほんブログ村 為替ブログへ

[ 2017/01/29 15:50 ] 為替 | TB(0) | CM(0)

2017年1月3週の為替推移


先週の為替推移を分析。


通貨ペア 今週始値 今週終値 変化率
AUD/JPY 85.512 86.539 △1.2%
CAD/JPY 86.994
85.937
▼1.3%
EUR/JPY 121.197
122.560
△1.1%
GBP/JPY 137.164
141.640
△3.2%
USD/JPY 114.303
114.552
△0.2%



上記は主要通貨の始値と終値、その変化率。
先週はレンジ傾向。
オセアニア通貨は変わらず好調で、欧州通貨も調子を取り戻しつつある。

週明けは大きな値滑りが発生したが、
英国のブレクジット問題が前進した事とFRBの利上げ期待によって元に戻った形。
米国指標も堅調となり、経済の見通しは悪く無い結果となっている。
懸念された米大統領就任演説も、現時点では相場に激しい影響は与えていない。

しかし、米新大統領は早速TPPを始めとする貿易協定の見直しを検討している。
更に反トランプデモが各地で起きており、今まで考えられなかった米国のリスクが生じつつある。
暫くは様子を見つつ、米ドルの位置付けと為替への影響を見極めて行きたい所。



にほんブログ村 為替ブログへ

[ 2017/01/22 15:46 ] 為替 | TB(0) | CM(0)

2017年1月2週の為替推移


先週の為替推移を分析。


通貨ペア 今週始値 今週終値 変化率
AUD/JPY 85.353 85.921 △0.6%
CAD/JPY 88.281
87.226
▼1.2%
EUR/JPY 123.170
121.846
▼1.1%
GBP/JPY 143.338
139.605
▼2.7%
USD/JPY 116.983
114.523
▼2.2%



上記は主要通貨の始値と終値、その変化率。
先週はレンジ傾向。
オセアニア通貨が調子良い反面、米ドルやポンドが低迷している。

米新大統領の政策に対する期待と失望が交錯した1週間となった。
今週半ばの会見は以前より主張していた保護主義的な発言を繰り返すに止まり、
経済成長を予感させる具体性に欠ける内容。
昨年11月からのトランプ相場が、根拠の無い上昇相場だったと判断されたのかも知れない。

20日に就任時にも明確なビジョンを示せなければ、相場の大転換が起きてもおかしくはない。
つまり、ドル高円安の是正が本格的に始まる可能性がある。
トレードルールを順守して、あらゆるパターンに対応出来る様に準備して置きたい所。



にほんブログ村 為替ブログへ

[ 2017/01/15 12:29 ] 為替 | TB(0) | CM(0)

2017年1月1週の為替推移


先週の為替推移を分析。


通貨ペア 今週始値 今週終値 変化率
AUD/JPY 84.369 85.351 △1.1%
CAD/JPY 87.313
88.388
△1.2%
EUR/JPY 122.844
123.209
△0.2%
GBP/JPY 144.157
143.707
▼0.4%
USD/JPY 117.371
116.994
▼0.4%



上記は主要通貨の始値と終値、その変化率。
先週はレンジ傾向。
12月からの戻しがイマイチ伸び切れていない。

今年最初のビッグイベントとして、米雇用統計が発表された週。
前日に大幅下落した米ドルだったが、この日の指標を好感した事でマイナス幅を圧縮した。
このまま上昇基調に回帰する可能性が僅かに高まったが、
最近の年初の特徴として下落し易い事が気掛かり。
それに加えて、米大統領が就任する事でモラトリアムが終了すると見なされるかも知れない。
どちらに振れても対応出来る様に、トレードルールの順守を心がけて備えたい所。



にほんブログ村 為替ブログへ

[ 2017/01/08 13:33 ] 為替 | TB(0) | CM(0)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。